福島県リフォーム事業協同組合
快適な暮らしのリフォームメニュー
居室コーナー
キッチン コーナー
バスルーム・洗面室 コーナー
トイレ コーナー
玄関・廊下・階段 コーナー
ドア・サッシ コーナー
内装・インテリア コーナー
屋根・外装・塗装 コーナー
セキュリティー コーナー
給湯・空調設備 コーナー
シロアリ・害虫駆除コーナー
エクステリア コーナー
リンク集
サイトポリシー
サイトマップ
福島県リフォーム事業協同組合
快適な暮らしのリフォームメニュー
トイレ コーナー
次のようなお悩み、ご希望をお持ちの方はお気軽にお問い合わせ下さい。
◆トイレのリフォームをしたい
◆トイレのバリアフリーを考えたい
◆トイレの悩み
◆トイレの収納を考えたい



◆トイレのリフォームをしたい

○トイレを広めの間取りにして、おもてなしと、安らぎの空間に

  • お客様が荷物を置いて、化粧直しもできる大き目のカンンターと大き目の鏡にしてはいかがでしょうか。

○タンクレストイレでゆとりあるデザイン空間に

  • 毎日のことなのに軽視されがちなトイレ。タンクレスの便器なら見た目もスッキリ。ウォシュレット操作もリモコンで、トイレ空間の有効活用や、便器のデザインの点からもお奨めです。歳をとると家で過ごすことが多く、トイレに行く回数も増えてきます。トイレは、一日に何度も使うところなので、使いやすく清潔で、快適なスペースにしたいものです。
○万一に備え、非常用ブザーなどのセキュリティー設備の設置も、ご検討してみてください。

当組合の専門家がご相談を承ります

お問合せはこちらから
このページのTOPへ

◆トイレのバリアフリーを考えたい
歳をとると家で過ごすことが多く、また、トイレに行く回数も増えてきます。一日に何度も使うところなので、トイレは使いやすく、清潔、快適なスペースを心掛けましょう。

○設置場所は近くに

  • 高齢者の寝室に隣接した場所に配置し、経路をバリアフリー使用とします。
  • 出入口やトイレ内の広さにある程度のゆとりを持たせておくと、車イスや介護が必要になった場合にも対応できます。またドアは引き戸にしておきましょう。

○手摺の設置をお奨めします。

  • トイレを自立して行うことは、人間の尊厳を守るための重要なポイントになります。たとえ歩行が困難になっても、手摺があることで、つたえ歩きをして自分で用が足せるお年よりも多いそうです。このように出来る限り、自立して排泄できるような配慮を施しておくと良いでしょう。

○万一に備え、非常用ブザーなどのセキュリティー設備の設置も、ご検討してみてください。

当組合の専門家がご相談を承ります

お問合せはこちらから
このページのTOPへ

◆トイレの悩み

○汚れの付きにくいトイレにしたい・・・

  • タンクレストイレをお奨めします。タンクがないため、とてもスッキリしたデザインに変わり、汚れがたまるフチ裏をなくしたトルネード洗浄など、お掃除がとても楽なトイレになっています。

○トイレの洗浄音が気になる・・・

  • 近頃のトイレは、人を感知して自動的に蓋を開閉したり、センサーで自動的に洗い流すものもあります。洗浄音も小さく、飛躍的に向上。性能面、機能面でも着実に進化をしています。

○トイレの臭いが気になる・・・

  • 脱臭機能付きのウォシュレットや暖房便座に交換すれば使用後のいやな臭いも気になりません。
  • 換気扇(天井、壁)の設置が必要です。換気扇のスイッチには、使用後に数分遅れて自動的に切れるものや、照明と連動(センサー付き)して、照明を消灯しても換気扇は遅れて切れるような商品もあります。

○冬場にトイレの結露・凍結した事がある・・・

  • 窓を二重サッシにすることにより、結露が防げます。
  • 換気をよくする、又防犯を考えアルミ面格子の取付をお奨めします。

当組合の専門家がご相談を承ります

お問合せはこちらから
このページのTOPへ

◆トイレの収納を考えたい

○トイレ用収納キャビネットを取り付けたい・・・

当組合の専門家がご相談を承ります

お問合せはこちらから
このページのTOPへ





Copyright (C) 2010 Fukushima reform work cooperative association. All rights reserved.