福島県リフォーム事業協同組合
快適な暮らしのリフォームメニュー
居室コーナー
キッチン コーナー
バスルーム・洗面室 コーナー
トイレ コーナー
玄関・廊下・階段 コーナー
ドア・サッシ コーナー
内装・インテリア コーナー
屋根・外装・塗装 コーナー
セキュリティー コーナー
給湯・空調設備 コーナー
シロアリ・害虫駆除コーナー
エクステリア コーナー
リンク集
サイトポリシー
サイトマップ
福島県リフォーム事業協同組合
快適な暮らしのリフォームメニュー
エクステリア コーナー
次のようなお悩み、ご希望をお持ちの方はお気軽にお問い合わせ下さい。
◆ウッドデッキを取り付けたい
◆サンルーム、テラス囲い・テラス屋根を取り付けたい
◆門扉、フェンスを取り付けたい
◆アプローチを付けたい
◆カーポートを取り付けたい
◆車庫・ガレージを作りたい
◆ベランダの鉄部/鉄骨階段の「錆」が気になる
◆ベランダの防水塗装が剥げてきた



◆ウッドデッキを取り付けたい

○ウットデッキは、用途や立地条件に合わせ自由に加工したり、形状も様々です。まずは当組合にお気軽にご相談下さい。「アウトドアリビング」として日々の暮らしに季節感を取り入れられる新鮮な空間、街の中での暮らしでも空・太陽・風を楽しめる贅沢な演出をしてくれます。
※「アウトドアリビング」とは、屋外を室内のリビングのような生活のばとして使うスペースの事。

当組合の専門家がご相談を承ります

お問合せはこちらから
このページのTOPへ

◆サンルーム、テラス囲い・テラス屋根を取り付けたい

○母屋屋根の雪の状態、建物の形状、敷地の状態、お隣の家との取合等、現場の把握が必要です。

○1年中快適なサンルームとはいえ、施工前に注意しておきたいポイントがあります。まず真夏の暑さ対策です。リビングとつさながっていれば冷房が効くので問題ありませんが、ルーフブラインドや熱遮断フィルムを併用すればさらに快適です。

当組合の専門家がご相談を承ります

お問合せはこちらから
このページのTOPへ

◆門扉、フェンスを取り付けたい

○門扉について、開いた状態が通路にかからない、内開きタイプをお奨めします。

○フェンスについて、隣接地との取合が明らかになっていること。また防犯上、外から敷地内が見えるものをお奨めします。

当組合の専門家がご相談を承ります

お問合せはこちらから
このページのTOPへ

◆アプローチを付けたい

○道路側の門扉から家の玄関までがアプローチです。

  • 門扉と玄関をできるだけ対面させないのがポイントです。スペースがとれなくとも、角度を変えることによって、ゆったりとした雰囲気を演出することができます。

当組合の専門家がご相談を承ります

お問合せはこちらから
このページのTOPへ

◆カーポートを取り付けたい

○母屋からの雪対策、車両の出し入れの実態、カーポート屋根の雪の落とし場所等、現場の把握が必要です。

  • 車の条件(幅・長さ・高さ)A敷地の条(高低差・設置場所・道路の状況等)B設備条件(水道・照明・収納等)以上の3点を十分に把握しないと、実際に車の出し入りが面倒、洗車がしにくいなど、使い勝手が悪くなってしまいます。

当組合の専門家がご相談を承ります

お問合せはこちらから
このページのTOPへ

◆車庫・ガレージを作りたい

○サイズはカーポートより余裕を持たせる (奥行きは前後30〜50p)

  • 屋根だけのカーポートに比べガレージは防犯性や耐久性に優れます。サイズや設置はカーポートとほぼ同じですが、カーポート以上に乗り降りのための開閉スペースを広く取っておく必要があります。

○車の出入口である「カーゲート」をどうするかがポイントとなります。

  • アコーディオンタイプ:ゲートの収納スペースも小さいので駐車スペースが狭いときも対応できます。
  • シャッタータイプ:防犯性に優れています。車を外部からまったく見えないスラットタイプや開放感のあるグリルタイプがあります。
  • 引き戸タイプ:ゲートを開放したときの収納スペースが必要になります。
  • 跳ね上げタイプ:収納スペースが必要なく、最近人気を高めています。

当組合の専門家がご相談を承ります

お問合せはこちらから
このページのTOPへ

◆ベランダの鉄部/鉄骨階段の「錆」が気になる

○早めの塗装をお奨めします。

  • 傷みの程度によって異なりますが、まずは錆落としが重要です。必要に応じて、洗浄し塗装します。
    [作業工程]ケレン洗浄→エボキシ系錆止→中塗り→上塗り(ウレタン・シリコン樹脂)

当組合の専門家がご相談を承ります

お問合せはこちらから
このページのTOPへ

◆ベランダの防水塗装が剥げてきた

○早めの塗装をお奨めします。

  • 形状と、痛み具合によって異なりますが、細部点検後下地調整が重要です。未処理の場合は、ウレタン塗布防水シート、FRP防水層の場合は下処理後塗膜保護塗装をします。

当組合の専門家がご相談を承ります

お問合せはこちらから
このページのTOPへ




Copyright (C) 2010 Fukushima reform work cooperative association. All rights reserved.