福島県リフォーム事業協同組合
快適な暮らしのリフォームメニュー
居室コーナー
キッチン コーナー
バスルーム・洗面室 コーナー
トイレ コーナー
玄関・廊下・階段 コーナー
ドア・サッシ コーナー
内装・インテリア コーナー
屋根・外装・塗装 コーナー
セキュリティー コーナー
給湯・空調設備 コーナー
シロアリ・害虫駆除コーナー
エクステリア コーナー
リンク集
サイトポリシー
サイトマップ
福島県リフォーム事業協同組合
快適な暮らしのリフォームメニュー
セキュリティー コーナー
次のようなお悩み、ご希望をお持ちの方はお気軽にお問い合わせ下さい。
◆火災警報機を設置したい
◆防犯性能の高い窓にしたい
◆防犯錠にしたい
◆防犯用として、TVモニター付きインターホーンを設置したい



◆火災警報機を設置したい

○住宅用火災警報器の設置が義務化されました。

  • 新規住宅・・・平成18年6月1日施行
  • 既存住宅・・・福島県各市町村の火災予防条例により、平成23年5月末日までに取付完了が義務付けられています。

○住宅用火災警報器には、煙式(光電式)と熱式(定温式)があります。

  • 煙式(光電式)・・・火災の初期から発生する煙を検出することで火災を早期に発見し警報を発します。(寝室・階段・台所に適しています)
  • 熱式(定温式)・・・火災で発生する熱を検出することで火災を確実に発見し警報を発します。(台所・車庫などに適しています)

○住宅用火災警報器には、単独型と連動型があります。

  • 単独型・・・火災を感知した警報機だけが警報を発します。
  • 連動型・・・火災を感知した警報機だけでなく、連動設定をしている全ての警報機が、火災信号を受け警報を発します。(連動型には配線によるものと、無線式のものがあります)

当組合の専門家がご相談を承ります

お問合せはこちらから
このページのTOPへ

◆防犯性能の高い窓にしたい

○「防犯合わせガラス」「防犯合わせ複合ガラス」をお奨めします。

  • これは、2枚のガラスの間に透明なフィルムをはさんで一体化させたものです。一般的な複合ガラスよりも破壊されにくい構造になっており、1枚ガラスに比べて優れた防犯性能をもっています。(ちなみに、防犯性の高い窓ガラスには「板硝子協会統一マーク」が貼っています。)
  • 網入ガラスや強化ガラスは、見た目やイメージ的に防犯性能が高いと思われがちですが、そうとも言い切れません。網入りガラスに入っている金網は、簡単に切ることができます。また強化ガラスは、割れたときに、粒状になるので安全性は高いのですが、泥棒にとっても安全といえるので逆効果になりかねません。

○面格子やシャッターなどの取り付けをお奨めします。

  • 面格子外しにくく、破壊しにくい素材・構造であることが重要です。特殊ネジを使用して設置したり、サッシと一体化した面格子もあります。一般的にステンレスが強度的に優れており、同じ材質であれば、縦の格子よりも、ひし形の格子の方が強いといわれます。
  • シャッターは、外見上入りにくい印象になるので、防犯上、非常に効果的です。

当組合の専門家がご相談を承ります

お問合せはこちらから
このページのTOPへ

◆防犯錠にしたい

○玄関ドア防犯錠

  • 防犯錠として・・・サムターンの回転を停止させドアの不正解錠を防ぐものや、シリンダーを完全にカバーしてピッキングを不可能にするもの等の種類があります。
  • 補助錠として・・・ICカード式ドアロックシステムから、一般的な不正解錠に強いリバーシブルディンプルキー採用の補助錠などや、外出時に外からドアチェーンに鍵をかけることのできるものなどの種類があります。

○窓ガラス防犯錠

  • 補助錠として・・・鍵が不要で無くす心配の無い「暗証番号式」や、防犯アラーム付きから一般的なロック式などの種類があります。

○鍵の無い各種ドアや窓に鍵の無いドアや窓に取付け可能な「インサイドロック」などの種類もあります。

当組合の専門家がご相談を承ります

お問合せはこちらから
このページのTOPへ

◆防犯用として、TVモニター付きインターホーンを設置したい

○インターホンからの取替の場合は・・・

  • 電源がプラグ式インターホンの場合、配線さえあればドライバー1本で簡単に取付けられます。
  • 乾電池式インターホンからの取替は、テレビドアホンの電源(AC100Vコンセント)を設けてください。

○チャイムからの取替の場合は・・・

  • 乾電池式のチャイムの場合は、配線をそのまま使用できます。ただしチャイムの取り付け位置により、テレビ、ドアホンの設置場所までの配線処理が必要になる場合がございます。

当組合の専門家がご相談を承ります

お問合せはこちらから
このページのTOPへ




Copyright (C) 2010 Fukushima reform work cooperative association. All rights reserved.